BLOG

 › 
BLOG › 
 › 
 器・つくる人使う人展②陶芸家紹介

器・つくる人使う人展②陶芸家紹介

器・つくる人つかう人

陶芸家4人と料理家の1年

F281F368-1E5C-47A4-AB24-F3CD3BC519D0

器を持っている人は陶芸家、鍋を持ってるのは料理家。

実はみんな緊張しているので、年長者は場をほぐさなくちゃとおチャラけている。💦

IMG_4979

盛付け講座で使う器たち。今回の展示会で初登場のものばかり。

大皿はカレーの講座で、碗(中鉢)は伊予さつまの講座で使います。

4人の陶芸家の方々と、料理をしたり、打ち合わせをしているうちに、「製作の合間に彼女たちがしたいことは何かしら?」と思うようになりました。

毎日つくるものとは少し違った視点で、何かを感じたり、なごんだり、刺激を受けたいのではないかしら・・・と。

で、本棚を眺めて、選んだ本4冊。

眼や手先や体をギュッと集中力を高めてつくる作業を考えると細かい文字が続くものは負担。ゆったりと想像力を膨らませるような写真本がいいのではと考えました。

IMG_5077

IMG_5061 (編集済み)

Casa Barragan

齋藤 裕著  TOTO出版

メキシコの建築家Luis Barraganの作品集。

IMG_5059 (編集済み)

IMG_5060 (編集済み)

この本を見つけたとき、本当にびっくりした。

pink!がこんなにシックとは。

日頃、白や黒のシックな器をつくる遠藤愛さんに、この本を手渡しして

『ねぇ、ピンクの器つくってみない?』

IMG_5071 (編集済み)

えんどう窯 遠藤愛

IMG_5063 (編集済み)

scandinavian modern

Magnus Englund & Chrystina Schmidt

TRANSWORLD JAPAN INC

北欧のデザインのインテリア、雑貨、住宅を紹介。

IMG_5065 (編集済み)

 IMG_5064 (編集済み)

「砥部焼」と言えば、「重いし、見慣れた定番柄で、近頃出番がない。」という声をよく耳にします。

でも、シンプルでカッコイイ器つくれる人いるんです。

彼女にお願いしたことは『より軽く、クールな器』。

ミニマリズムに流れるだけでなく、ちゃんと甘さもあります。

IMG_5067 (編集済み)

studio ecco   中村智子

IMG_5057 (編集済み)

内藤こづえ作品集

株式会社 扶桑社

IMG_5149

IMG_5151

1991年に渋谷西武で開かれた内藤こづえ(現在は日比野こづえ)のアートコスチューム展を中心に構成されている。

以前は着物デザイナーだったという岡田智恵さんにピッタリと思って選択。

岡田さんの作品はPop!多彩!元気をくれる!

『カワイイだけじゃない大人の器にはほろ苦い、ちょっと毒が必要?』などど語り合いました。

「夏だし、サボテンってカワイイよね。」なんて要望にもチャンと応えてくれました。

IMG_5075 (編集済み)

atelier chie      岡田智恵

IMG_5055 (編集済み)

ジョージア・オキーフとふたつの家

バーバラ・ビューラー・ラインズ&アガピタ・ジュディ・ロペス

株式会社KADOKAWA

アメリカの画家ジョージア・オキーフとニューメキシコの家を題材に彼女の後半生を物語った本。

ページをめくる度にオキーフの世界に深く埋もれていく感覚に陥る。

IMG_5056 (編集済み)

IMG_5152

橋本さんの作品はファンタジーという形容詞がぴったり。でも、それだけではなく核はパッション(情熱?)にあふれている。

いつもやわらかな微笑みを絶やさない彼女がつくる「大人の器」、手に取ってみてください。

IMG_5074 (編集済み)

橋本美貴子

4人の陶芸家と4冊の本。

大人の写真本、回し読み!成果はいかに?

 


COMMENTS : (2) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : handcraft お知らせ 料理教室 

“器・つくる人使う人展②陶芸家紹介” への2件のフィードバック

  1. 松村礼子 より:

    器つくる人つかう人
    いよいよ今日までですね。

    11日間は結構長いようですが、気が付いたらもう終わり!
    という感じでしょうか。

    近くだったら、何回も覘きたいなぁと、思いをはせていました。
    最終日がんばって!

    • h.motifs より:

      コメントいただいたのに、気がつかず失礼しました。
      ありがとう。無事終了しました。
      充実した時間、若い!仲間ができたことが最大のご褒美です。

h.motifs にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です